DXリテラシー

2022.03.18

DXリテラシーとは

リテラシーとは、英語では「読み書きができる能力や知識」を表しますが、ビジネスにおいては「物事を正確に理解して活用できること」を表します。
DXリテラシーとは、DXに関する知識や必要性を正しく理解し、⾧い時間を必要とするDXをきちんと遂行していく力で、企業のDXを推進するために欠くことのできないスキルです。

DXの必要性を浸透させるスキル

一部の人が、DXの必要性を理解しても、DXは進みません。
DXの必要性を理解し、その必要性を広く浸透させ、協力体制を築くスキルがあれば、DXを加速させることができます。

デジタル技術に関するスキル

デジタル技術に関する知識を保有しているだけでなく、企業や組織が抱える「課題や問題の解決」「業務の効率化」「事業の拡大」など、テーマに則したしたデジタル技術を提案するスキルが必要です。

新たなビジネスモデルを創造するスキル

課題や問題を好転させ、ビジネスモデルへ発展させる視点や思考が必要です。

DXリテラシーの重要性

企業でDXを推進する際は、従業員のDXリテラシーが成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。
もし、社内のDXリテラシーが低い状態でDXを推進しようとすると、DXを行うための「手段」と「目的」をはっきり定めることができません。数多くのデジタルツールから最適なものを選べなかったり、曖昧な目的設定のまま推進した結果、中途半端な結果に終わってしまったりするでしょう。DXを確実に成功させ、事業を発展させるためにも、従業員のDXリテラシーを高める取り組みが重要です。

ITリテラシーとの違い

ITリテラシーとは、「ITデバイス・ネットワーク・セキュリティなど、デジタル技術そのものに関する知識とそれを活用できる能力」を指します。
一方、DXリテラシーは、デジタル技術の「活用」だけでなく、組織やビジネスを変えていくための知識・スキルが含まれていてます。
DXを推進するために、必要不可欠な情報技術(IT)。DX推進の一翼を担うのがITリテラシーということなのです。

ITリテラシーを高めるには

社員のITリテラシーを向上するためには、定期的に講習や教育を行うことが有効です。

ICT環境の整備

PC、モバイル、クラウドなどデジタルデバイスや技術にアクセスしやすい設備・環境の整備は、必要不可欠です

IT関連の資格取得支援

社員にIT関連の知識を自習し、知識を身に着けてもらうため各種の試験を推奨する制度を整備するのもITリテラシーを高めるための手段の一つです。

社外研修の受講

ITリテラシーを高めるための社外研修を利用することで、自社内の常識にとらわれることなく、世間一般で必要とされているITリテラシーを身に着けることが可能です。

まとめ

IT技術は日々進化を続け、目覚ましい発展を遂げています。
多くの企業がWebによるビジネスを展開している今、DXに向けてITを利用した業務効率化を目指すためには、社員のITリテラシー向上も必要な要素となります。
社員のITリテラシーの欠如はビジネスへの弊害を生む可能性があります。非IT部門の社員のITリテラシーが向上することにより、社内のIT化は業務に根付いた形で促進され、情報セキュリティの向上にも期待することが出来ます。

img
2022.03.03 コラム

DXとは何か?

img
2022.04.14 コラム

会員管理システムとは?

記事一覧に戻る